忍者ブログ

黒山羊グループ業務日誌

黒山羊エンタティメントグループの業務日誌です。

社畜でないと思いたい

日報で勤務時間などを報告していると、嫌が応にも自身の労働時間というものを突きつけられるわけです。えぇ、長いんですねこれが。

1日辺りの労働時間は大体10時間を超えています。
もちろんこれより働いているぞ、って人はいっぱいいるでしょうけれども……原則として1日の労働時間って8時間ですからね。

ぶっちゃけ慣れちゃってますけど、小説という創作活動を趣味とする身にはやっぱり辛いというものがあります。
世の中色んな趣味がありますが、何かを作るものを趣味とする場合にはインプットにもリソースを割くことが多くなります。となると可能な限り、時間が欲しい。
ただただ時間が欲しいわけではなく、頭を存分に回転させられる時間ですね。

労働時間が長くなるとこれが難しい。
家に帰ればまず休息が要ります。どんな仕事でもそうだと思いますが、肉体労働だろうとなんやかやで頭を使う……そして家に帰って頭を使うと拾うがどんどん蓄積されていくわけで。

働き方改革!
とまではいきませんが、自身の仕事のやり方というものをスマートに行いたいものです。
色々試行錯誤はしておりますが、最初から最後まで一人でやる仕事というのは中々ありません。同僚と協力して何ぼでございます。

えぇそうですよ!
組んでる相手のせいで色々やられてんだよ! ちくしょう!
PR

ワンカットで

ネットフリックスで「カメラを止めるな」が配信されたので観ておりました。
ツイッター等で面白い、という声を良く聞いていたのでこれは嬉しい。ただ内容については全然聞いてなかったんですよね、最初の30分は絶対に見ろというぐらいで。

オチでどんでん返しがくるような映画なのかな?
そう思うのが一般的ではないかと思いますが、そういう映画では無かったですね。でも最初の30分で絶対に見るのを止めてはいけない。

てなわけで感想を書いてみましょうか。

人里はなれた廃墟でゾンビ映画の撮影をしている一団。
ところが思うような画が取れないせいで撮影は難航、そんな中に本物のゾンビが現れる。

どうやら監督が怪しげな呪い(ゾンビ映画だとよくあるよねw)でゾンビを呼んだらしい。
一人また一人とスタッフが襲われてゾンビになってゆく、生き残りもどんどんおかしくなってしまい……

あらすじはこんなところでしょうか。
途中でカットされることなく、長回しで進んでゆく。臨場感もあってスリリングだなー、とドキドキしながら観てたんですが……

ところどころおかしなところがあるんですよね。
一見するとおかしくなさそうなんだけど、違和感の残る場面がいっぱいある。
ラストでそういったシーンの解説があるんだろうか? けどそれらしい場面は来ず、生き残りはついに一人になって流れ始めるエンドロール。

ここでちょうど30分経過。あれ? この映画って1時間半ぐらいあるよね、なんかおかしくね?

開示はどこで?

大学生活の話を書いている、というのはしておりますがそれと平行するようにSFも考えています。SFといってもサイエンスフィクションというよりかは、スペースファンタジーといった方が正しいような内容。

それにSFでやらなくても良いようなものがテーマなのですが、エンタメ性を出して行こうと思うとSFでやるのが面白そうだとなったのです。

さておき、SFを書くのが苦手というわけではないです。
黒山羊観光時代は書いていませんでしたが、今SF書きますしね。というか書いてないジャンルっていうのは多分無い。そりゃ細かなところまで見ていけばやってないものはありますが、大まかなジャンル区分で言えば大体はやったでしょう。

ただSFやるとなると悩むのが、現実と違う部分をどのようにして出していこうか。
ここで悩む。ファンタジーもそうですが、現実にはありえないものが出てきます。作中の人物には当たり前でも、我々にはそうでないありえないもの。これをどう表現し、どう理解してもらうか。

下手すればただ設定を羅列するだけになってしまい、そこに小説的な面白さがあるのかとなると疑問ですからね。そういうのが好きだという人もいると思いますが、私は好きじゃないのです。

いやしかし、ほんとどうやったものか……。

秋はどこへ消えた

10月に入ったら涼しいを通り越して寒くなってくるかもしれないな、先月はそんな事を考えておりました。
が、現実は私のそんな淡い期待を見事に裏切る残暑の厳しさですね。流石に日が暮れたら湿度も低く過ごしやすくなってくれましたが、日中は夏ほどではなくともまだまだ暑く台風の影響があるのか湿度も感じて辛いですね。

季節の変わり目なんていうのはそんなもの、と思うところはありますがキツイです。
何年も前にこのブログ上でうつだということを書いていた気がしますが、未だにうつなのですよ。寛解しているので日常生活に支障をきたすことは少なくなりましたけれども、辛いものは辛い。

どうも私の場合は気圧の変化、特に気圧が上がっていく時に大きな影響を受けるらしい。
なので今回の台風18号が過ぎ去ったら少し寝込んでしまわないかと冷や冷やしているところがあります。

寝込むのはそれほど……人にそこまで迷惑を掛ける事はない、はずなので良いんですけどね。
小説書くのに影響しますから、そこで凹んじゃうのです。途中でブランクがありはしましたが、一〇年以上やってますからね。

趣味というか生活の一部、いや自分の一部。ライフワークと言っても過言にはならぬでしょう、なのでこの執筆が滞るとまぁ溜まる溜まるストレスが。それでものんべんだらりとやっていきます。

最近のってどんな感じなんだろう

今現在、執筆している作品の舞台は大学…というか大学生活といったほうが正しいかな。
にしているのですけれども、いまどきの大学生というのはどんな感じなんでしょうね?

私も以前は大学生だったわけですが、改めて思い返してみると何だったんだろうな、という感覚が強くてですね。それに時代も変わっているわけですよ。
私が大学生のときってSNSといえばmixiという時代でしたからね、ツイッターとかまだそこまで流行していなかった。まだスマートフォンも普及しきってませんでしたしね。

そこまで大きな違いは無いように思えますが、文化面での変化ってのは確かにある。
職場に大学生の子がバイトに来てるんで、観察してたりはするけれど彼ら割と特殊だからなぁ……なんというか大学生の中でも特に真面目な人たちなので参考になるかというと……

やっぱり昔を思い出しながら書くのが一番なんでしょうかね。
時代が変わっているとはいえ、本質の部分はそうそう変わらないでしょうし。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

[06/11 エイルス]
[05/04 草薙]
[06/16 朔音]
[06/06 タフィ・ローズ(本物)]
[05/31 タフィ・ローズ]

プロフィール

HN:
倉佳宗
性別:
男性
職業:
黒山羊エンタティメントグループ総帥
趣味:
読書
自己紹介:
ホラーとファンタジーを愛する好事家。
流行のものは、よくわからない。