忍者ブログ

黒山羊グループ業務日誌

黒山羊エンタティメントグループの業務日誌です。

[PR]

2018/08/20(Mon)22:26

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

インフルエンザで出勤するのはやめましょう

2007/02/21(Wed)14:03

ハァハァ……く、苦しいのにゃ

「ぶ、部長! ど、どうしたんですかにゃ!? か、顔が真っ青ですにゃ!?」

そ、そんにゃ真っ青に見えるのかにゃ?

「は、はいにゃ! ま、まさか部長インフルエンザまだ治ってないんじゃないですかにゃ?」

な、治ってないにゃ。け、けれど……や、やることがあるからにゃ。我輩がいにゃいと、始まらないにゃ……

「で、ですけど部長、そんにゃ状態じゃ仕事もできにゃいにゃ!」

だ、だがルリム……わ、我輩がいにゃいと……あぁ、刻がみえるにゃ……

「に、にゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ! ぶ、部長が部長がにゃぁぁぁぁぁぁぁ! で、でもこれで仕事が終わったにゃ。というわけで種明かしに行くにゃ」

******

「実は渦さんのところから猫バトンというのが回ってきてたんですよ」

■猫バトン
・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに 「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけなくてはならない。
・「な・ぬ」も「にゃ・にゅ」にする。
・一人称は必ず「我輩」にする。
・日記の内容自体は普段の当たり障りのないもので構わない。
・日記の最後に5人!回す人の名前を記入するのを忘れずに!
・既にやったことがある人でも、回されたら何度でもやらなければならない

「というわけで、誰に回すかを書かないといけないのですが……部長、大丈夫ですか?」

ざりあとなとみくす やんな えてぃなむす――

「あぁ、呪文唱えて回復しようとしてますね。これなら大丈夫ですね。で、誰に回すんですか?」

ハァハァ、なぁルリム。俺はこのバトン、回ってこないと思っていたんだ……何せ、俺にバトンを回してくるのは、いつもあの人しかいなかったからな。そこ以外からは回ってこなかったんだ……さておき、このバトンは回されたら何度でもやらないといけないんだったな?

「は、はいそうですが……ま、まさか部長!? そ、それは鬼畜というやつでは!?」

鬼畜上等!
というわけで、エイルスさんお願いします。
続いて、すみませんがなしれさんお願いします。

は、はぁ……にしても辛い……つーわけでルリム後は宜しく

「り、了解です。さっさと帰ってゆっくり休んでくださいね」
PR

No.88|社内の風景Comment(0)Trackback

紛らわしい

2007/02/13(Tue)20:55

おいこらルリム!

「何ですか? いきなり大声出して」

お前が料理企画云々言うからだな、本当にやると思ってた人がいたじゃないか!

「ならやればいいじゃないですか」

簡単に言ってくれるじゃないの。だがな、俺は料理が出来ないんだ。そりゃ簡単なものだったら作れるが、上手いとはいえない、下手というレベルだ

「だったら部長の料理の腕を上達させるコーナーにすればいいじゃないですか。そうすれば部長はスキルアップ、そして私は美味しいものが食べられる。一石二鳥じゃないですか」

なぁ、ルリムよ……俺がやりたくない本当の理由、教えてやろうか?

「何です?」

金無いんだよ……食材、買うお金ないの……そんな予算、捻出できないの……OK?

「……マジですか?」

……マジですよ

「…………」

No.83|社内の風景Comment(0)Trackback

ドキドキ!? 黒山羊クッキング!

2007/02/10(Sat)03:18

SN330047.jpg

「部長、何ですかこれ?」

鶏肉と豚肉の焼肉風白菜炒め、とデカビタ牛乳。

「いきなり台所に消えたと思ったら、これ作ってたんですね」

さっき、腹減ったからね。晩飯食ったけど、夜食夜食。腹減ってんじゃね? 晩飯少なかったし

「え、えぇそうですけど……でもいきなりこれは重たいですよ。焼肉なんですよね?」

焼肉風な。作り方を言っておくと、鶏肉と豚肉を塩コショウで味付けして炒めた後に白菜を投入。その後はコチュジャンと焼肉のタレを混ぜ加えて炒めるだけ。いかにも男の料理とは思わんかね?

「はぁ……まぁ部長の料理ですからねぇ、複雑なもの作れませんもんね。どん臭いから」

さらりと酷いことを言いやがって……まぁいい、とにかく食ってみなさいや

「何か食指が進まないんですが……あ、豚肉美味し」

だろぅ?

「でも、鶏肉まずいです。何だかお肉がパサパサしてるし、後もうちょっと辛くても良かった気がします」

鶏肉はチキンカツ用のササミしかなかったからなぁ、モモ肉使ったらもっと美味しくなると思うよ。ただそうなると、豚との相性が気になってくる。俺ももう少し辛い方がいいかなと思ったけれど、使ったコチュジャンがそんなに辛くなかったのかな? アレ以上いれたら多分、味おかしくなってくるだろうし。

「どのぐらい入れたんです?」

計って入れてないから分からんが、小さじ一杯ぐらいかなぁ? いや、全然わからんがね。その辺りはお好みで、かもしれん。焼肉のタレだけでも美味しいかもしれないし

「結構豚肉は美味しいと思いますけど、やっぱり口の中が脂っこいというか……」

そういうときにデカビタ牛乳を飲むんじゃないの

「えぇ~、何だか不味そうですよコレ。色も黄色いのか白いのかよくわかんない色だし……あら、美味しい。甘くなく、爽やかまではいかなくともさっぱりしてますね。口の中にあった脂っぽい感じが洗い流された感じでスッキリします」

だろう? ちなみにこれ、メッセで教えてもらったやつ。オヤツとかにもちょうどいいかもね。これを見ているそこの奥さん、お子さんのオヤツタイムにビスケットと一緒にデカビタ牛乳出してあげると喜ばれるかもしれませんよ? あ、ちなみにこのデカビタ牛乳、本当はオロナミンCでやるみたいです。たまたまオロナミンなかったんで、デカビタで代用してますが皆さんやる時はオロナミンで。

「誰に言ってるんですか? あ、そうだ新企画思いついた!」

どんなの?

「名付けて、黒山羊永劫クッキング! 見てる人からレシピ教えてもらって部長がそれを作るんです、それを私が食べて感想書くの! 面白いと思いませんか!?」

俺作るだけかよ! っていうかうち旅行会社だよ!? 料理関係ないし!

「じゃあ、じゃあ。ルリム=シャイコース世界を食す!」

それタイトルからして危ないよ! 第一、うちそんな余裕ないし! そういうことは事業部に言え!

「でもでも、美味しいものいっぱい食べたいし!」

いや、それには同感だが……

「じゃあやりましょうよ! 黒山羊永劫クッキング!」

まぁ……そうだなぁ、様子見て考えてみようかしらん?

「やった! じゃあやりましょうね! それでは皆さん美味しいご飯のレシピお待ちしてます! 部長に作らせて私が食べるんで、皆さんよろしくお願いします!」

お、おい! 勝手に決めるんじゃないよ!

No.81|社内の風景Comment(0)Trackback

本当はこんなことしてる暇すらない

2007/01/28(Sun)18:22

駄目だ、やっぱりプロシュートの兄貴はカッコいい……ジョジョの52巻と53巻は何度読んでも飽きないぜ……

「はいはい、いきなり何言い出すんですか。ジョジョ読んでる暇があるんなら、さっさとレポート書いちゃって下さいよ。仕事ならともかく、そのレポート学校のでしょ?」

……おい、ルリム。それでもプロシュートの兄貴はカッコいいじゃないか。ペッシも最高だぜ全く

「第五部なら、ブチャラティで決まりですよ。それよりも10tハンマー買ってくださいよ」

ブチャラティがカッコいいことには同意しよう。第五部の主人公はどうみてもジョルノではなくブチャラティだ。だがしかし、何故君に10tハンマーが必要なのかそれを教えてくれ。君には既に鉄パイプがあるだろう? 私は覚えている、昨年の12月23日のことだった。国旗を掲揚しようとしたその瞬間、君が私の後頭部を鉄パイプで殴った事を!

「だってあれは部長が軍国主義を賛美するようなことをやろうとしただけであって、私はその暴挙を止めるための正義に訴えただけなんですよ! 責められる覚えはありません!」

何を言うか! あれは日本国民としてだな――

「でも部長、アメリカ人の心にイギリス人の思考回路って自称してるでしょ? そんな人が日本国民云々って言えるとお思いですか?」

……い、いやそれはその言葉のあやというかですね、何ですかその……

「やれやれだぜ」

No.72|社内の風景Comment(1)Trackback

たまには真面目に

2007/01/20(Sat)16:43

「部長! 大変です、ENGAGE ASSAULTの投稿掲示板にアクセスできません!」

な、なんだってぇぇぇぇぇぇぇぇ!?

「ど、どうしましょう!?」

いや、とりあえず復旧作業でしょ。どうすりゃいいのか全く解らないけど、この手のことは専門外だし。

「それじゃあ原因探っておきますね、何となく嫌な予感がしないでもないんですけど。あ、あとこの間WEBメール来てましたよ」

どういう内容だったの?

「AC小説の方が進んでくれると嬉しい、ということでした」

……どっち、何だろうね?

「どっちって、どういうことですか?」

ん、いやねASSAULTでやってる一連のオトラントを舞台にしてる方なのか、それとも旧ENGAGEから連載していたInsane FINALのどっちなんだろうかと思ってね。

「多分、FINALじゃないんですか? といっても、私はメールくれた人じゃないんで分かりませんけど」

ん~、FINALだとしたら申し訳ないけど無理だろうなぁ。改名してから書けなくなっちまったし。作風だとかその他諸々が変質してるからねぇ。やるならInsaneから全てリメイクかなぁ?

「続きを書けないのなら、最初から全部リメイクしてしまえばいいじゃない」

そんな暇あるか!

「してもいいと思うんだけどなぁ~。で、ですね部長。今思ったんですが、エリア・オトラントってあれですよね?」

はい、あれです

「いいんですか? 気付く人は気付きますよ……」

普通の人はまず気付きません。大丈夫さ、きっと

「それもそうですよね~、少し悲しいけど……」

No.64|社内の風景Comment(0)Trackback