忍者ブログ

黒山羊グループ業務日誌

黒山羊エンタティメントグループの業務日誌です。

[PR]

2018/02/20(Tue)14:25

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

独りメシ、かくあるべき

2009/10/18(Sun)21:52

この日記を見た一般人はこう思うだろう

「普通はやらねぇよ!」

この日記を見た逸般人はこう思うだろう

「やるやる!」



今日はスタジオ練習だった。

家に帰れば家族は食事を終えていた、だが俺の腹はペコちゃんだったわけだ。

けれど、メシが無かったわけじゃない。家族はちゃんと俺の分のメシを用意してくれていた。

くら寿司をお持ち帰りしてくれていたんだ。

私は一人で寿司を食べなければいけない、なんとも味気ない食事だろうと思うだろう。だが私はつい先日「孤独のグルメ」を読んだのだ。そこにはメシを食べるということはどのようなことなのか、それが描かれている。

私は「孤独のグルメ」の主人公のように思考回路を切り替えた。

モノを食べる時は自由でなんというか救われてなきゃいけない。独りで、静かで、豊かで……

理由はともかく、モノを食べるという行為はそういうものでなくてはならないのだ。

私は彼だったらどのように食べるだろうか、それを考え実践した。

すると、くら寿司とはいえ一皿100円の回転寿司である。だが、それがまた非常に美味く感じる。私はこれが「メシを食う」ということなのだ、と実感した。

私が今までしてきた一人メシは所詮は、ただ食べているだけだったのだ。そう、食欲を満たすためだけの行為でしかなかった。メシを食べているわけではなかったのである。

ありがとう「孤独のグルメ」

この書のおかげで、私は独りメシの食べ方というものを教わった気がする。
PR

No.405|日記Comment(0)Trackback

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字