忍者ブログ

黒山羊グループ業務日誌

黒山羊エンタティメントグループの業務日誌です。

[PR]

2018/12/16(Sun)05:57

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

鞍替えしてしまいそうです

2010/04/27(Tue)03:09

今までずっとリッチー信者だったのですが、ゲイリー・ムーアに鞍替えしてしまいそうです。

なぜかといいますと、今日ゲイリー・ムーアのライヴに行ってきたんですよ。あ、リッチー・ブラックモアとゲイリー・ムーアを知らない人はwikipedaとかで調べてください。

ゲイリー・ムーアはハードロック、ブルースロックの人なんですが、ハードロックはやらないだろうなと思ってたんです。予想的中、ブルースばかり。

ブルースは嫌いじゃないけれど、ゲイリー・ムーアのハードロックがかなり好きなので残念と、思わなかったのが凄い。今まで見てきたギタリスト(プロ・アマ)問わずで、ギターをあんな風に弾ける人を始めてみました。

ギタリストはやっぱりそれぞれ独自の奏法、まではいわないけれど弾き方がやっぱりあるなぁとは思うんだけどゲイリー・ムーアみたいな弾き方は珍しいと思う。というか普通なあんな弾き方見たことないよ。

ほとんどインストゥメンタル、要はボーカル無しの曲ばっかりだったんですけどね、ギターが歌ってるように見えるんですよ。本当に、ギターソロがあるならギタリストを見るのが普通だった、けれどゲイリー・ムーアはギターが歌ってるように聞こえるから奏者じゃなくてギターの方に目がいってしまう。

そして凄く心地よいサウンド。ブルースだけどロックだし、静かではあるけれど激しくないわけではないはず。なのに、凄く気持ちよくてリラックスしてしまってついウトウトと。

もしかしたら……1分か2分は寝てたかもしれない、それぐらい心地よいギターサウンドだった。私以外にもウトウトしてた人いてたし、一緒に行ってたバンド仲間もウトウトしてたし。

エレキギターであんなに心地の良いサウンドを出せるんだ、と思うと同時にそれを弾けるゲイリー・ムーアに感服しちゃいましたよ。本当に眩しかった、ギターを歌わせるように弾く人なんて初めてみたし。

今もまだ余韻に浸ってます。
PR

No.437|音楽Comment(0)Trackback

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字